【実際どうなの?】わきの黒ずみに重曹は効果があるのか徹底調査!

わき 重曹 黒ずみ

ノースリーブや薄着の季節になると気になるのが「わきの黒ずみ」

電車で吊革を持つのが不安という方も少なくないでしょう。

このわきの黒ずみを少しでも目立たなくするには重曹が良いという話を聞いたことはあるでしょうか?

重曹は家の掃除などにも使える万能アイテムですが、実際のところ本当にわきの黒ずみにも効果があるの?どうやって使うの?という方もいらっしゃると思います。

今回は、そんな重曹を使ったわきの黒ずみ対策の効果、やり方、注意点などをご紹介していきます。

重曹を使ったわきの黒ずみは効果があるのかを徹底調査!

なぜ重曹がわきの黒ずみに効果があるの?


毛穴に詰まった汚れや皮脂などの『酸性』の汚れはアルカリ性で落とす必要がありますが、アルカリ性にも強さがあります。

アルカリ性が強すぎると皮膚のたんぱく質が溶け、ただれや炎症だけでなく、場合によっては皮膚が黒く変色してしまう場合もあります。

そのため、肌の毛穴の汚れを除去するために使用するのは『弱アルカリ性』である必要があります。

そこで弱アルカリ性である重曹は肌への負担を最小限に抑え、毛穴の汚れや古い皮脂も落とすことができることから、黒ずみ対策に効果があると言われています。

どんなわきの黒ずみにも効果があるの?わきの黒ずみの種類別に解説

ここまで見てきたように、重曹はわきの黒ずみに効果がありますが、残念ながら全てのわきの黒ずみに効果があるわけではありません。

わきの黒ずみには大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • 『毛穴の汚れによる黒ずみ』
  • 『埋没毛型のブツブツ黒ずみ』
  • 『カサカサ型の色素沈着による黒ずみ』

これらの中で重曹で効果が期待できるのは『毛穴の汚れによる黒ずみ』です。それ以外の黒ずみに関しては後述する別の対策を行う必要があります。

重曹でわきの黒ずみ対策をする際の3つの注意点

なお、重曹を使ったわきの黒ずみ対策をする上で気を付けなければいけない点が3つあります。

  1. 重曹を使ったケアは肌に負担が掛からないよう週に1回程度
  2. とにかく肌に塗るときと洗い流すときに擦らないこと
  3. 優しく肌に置くように塗って、洗い流す時もこすらず、すすぎ残しがないように念入りに洗い流す

わきの黒ずみを早くキレイにしたいと焦ってしまうと逆効果となってしまうため、上記の点を守った上でケアするように心掛けましょう。

重曹を実際に作ってみよう!

脇黒ずみ重曹

重曹の種類に注意!わきの黒ずみ対策には食用の重曹を選ぶ

重曹には大きく分けると以下の3種類があります。

  • 『食用の重曹』
  • 『医薬品の重曹』
  • 『掃除用の重曹』

黒ずみのセルフケアに使用するのは、純度が高く粒子が細かい『食用の重曹』か『医薬品の重曹』が最適です。

しかし、医薬品の重曹は価格が高いため『食用の重曹』がおすすめです。

ただし、食用の重曹とはいえ、重曹が主成分でできているベーキングパウダーでも良いと勘違いする方も多いですが、ベーキングパウダーにはリン酸塩やコーンスターチなど他の添加物が配合されているものが多いため、ベーキングパウダーではなく『食用の重曹』を選びましょう。

いざ実践!重曹パックの作り方とケア方法

では、実際に重曹パックを作っていきましょう。

ここからは重曹パックの作り方とケア方法を解説していきます。

  1. 重曹と水を1:1でペースト状になるまで混ぜます。
  2. 黒ずみが気になる部分に塗ります。摩擦が起きないように力を入れず肌に塗りましょう。
  3. 10分程度パックしたら、念入りに洗い流します。
  4. 最後に化粧水や美容液で保湿をしましょう。

いかかでしょうか?

たったのこれだけ?と思われたかもしれませんが、この手軽さが黒ずみに限らず多くの場面で使われている理由です。

重曹で効かないわきの黒ずみの対策方法

脇の黒ずみ

『埋没毛型のブツブツ黒ずみ』の原因と主な対策方法

埋没毛型の黒ずみは黒いブツブツとした症状で、毛抜きなどでムダ毛を無理に抜いたことが原因となります。

この埋没毛型の黒ずみ対策としては、市販のピーリング作用のある商品を使う方法があります。ただし、商品によっては肌への負担が大きいこともあるため、週に1回程度にとどめておく方が良いでしょう。

また、埋没毛型の黒ずみは無理矢理抜いたことが原因で起こる症状ですので、今後は毛抜きでのムダ毛処理は行わないようにすることが大切です。

『カサカサ型の色素沈着による黒ずみ』の原因と主な対策

わきの黒ずみで多くの人が悩んでいるのがカサカサ型の色素沈着による黒ずみです。

カミソリを使ったムダ毛処理によって皮膚が乾燥しやすくなっている上に、ムダ毛処理を行った後に十分な保湿を行っていないことが原因です。

また、わきは服や下着で日常的に摩擦が起きるため刺激を受けやすいということも挙げられます。

このカサカサ型の色素沈着による黒ずみの対策としては、クエン酸によるピーリング作用でケアする方法があります。コストが安いというメリットがある一方で、肌に負担がかかりやすいというデメリットもあるため、敏感肌の方は注意する必要があります。

最も手軽で効果が高いのは専用のジェルを使う方法

これまでわきの黒ずみのタイプ別に対策方法を紹介してきましたが、一般的なアイテムを使う方法は効果が弱かったり肌への負担が大きかったりする場合があります。

そのため、高い効果と安全性を求めるのであれば専用の黒ずみ用ジェルを使うことをおすすめします。

たとえば『ピューレパール』は保湿成分や美白成分がたっぷり配合されていて、1日2回塗るだけという手軽さから高い人気を集めています。

私も実際に使っていますが、わきの黒ずみにはもちろん、それ以外の気になる箇所にも使えるためコスパが高いところが気に入っています。

ピューレパールレビュー

もし、まだ黒ずみケア用ジェルを使ったことがないという方は、一度ピューレパールを試してみることをおすすめします。

>>徹底レビュー!!ピューレパールを試した体験記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です