【遊んでると思われてる⁈】乳首の黒ずみをピンクにする意外な方法♪

「乳首の黒ずみ」がずっと前から気になって気になって、それなのに誰にも相談できずに悩み続けていた黒ずみ教科書のライターです。私が気になり始めたきっかけは、スーパー銭湯に行った時に、見るつもりはなくても他の女性たちに比べて自分の乳首の色がすごく「黒かった」ことです…。

(えっ…乳首の色って、他の女子のみんなはあんなに薄い色なものなの?)ドキリとしましたが、たまたまだったのかなあとも思い、その時はそれで終わったのですが、なんか気になってしまって。

雑誌を読んだり、インターネットで乳首が黒いことを調べていくと、男子たちは乳首に黒ずみがある女子のことを「遊んでたのかな?」って思う人が多いことがわかり。。わたしは全然そんなんじゃないのに、それだけで自分の体がすごく恥ずかしくなってしまって、彼氏ができても全然大胆になれませんでした。

そこからの私はかなり長い間、色んなケア方法も調べたり、セルフケアも試したりしながら口コミで良いといわれている商品なんかも買って色々試しました。いくら調べても、結局のところ体質が人それぞれなので自分でやってみないとわからなかったので。

でも、色んな方法があるのでこのページにたどり着いてくれた人には、あきらめずに自分に合った方法を探してほしいと思っています。私は意外な方法に落ち着くわけですが、それも含めて乳首の黒ずみに効果がある方法をご紹介しますよ!良かったら参考にしてくださいね。

乳首が黒い女子に対する男子の本音・口コミ

乳首の黒ずみに対して世間の男子がどう思っているのか?女子的にはマジか・・・と、ショックを受ける内容かもしれませんが、男子ってそういうものなのか・・・と知ることができます。頭でわかっていても、本能は頭とは違うことを。

Twitterや2ch、知恵袋など匿名性が高くてリアルな口コミが多そうなサイトから集めてきました。悩める女子のあなたは、心して読んでくださいね。

女性の乳首に黒ずみがあったり、茶色っぽくても変!というわけではないです。処女であっても、経験豊富であっても、乳首をこねくりまわしている・こねくりまわしていないどちらにしてもメラニン色素の量で乳首の色は変わるので、経験が少なくても乳首が黒いというのは別に不思議ではありません。

ただ、自分の彼女と初めてHすることになって、洋服を脱がせた時に乳首が黒ずんでいるとどうしてもがっかりしてしまうのは確かなんです。

ドロップ缶の中から1粒のきれいな透明の飴を取りだして、ラムネ味かな?レモン味かな?と、ドキドキしながら舐めてみたらハッカ味でした、というそんながっかり感です。男ってそういうものなんです。

参考サイト:Yahoo!知恵袋

トピックの質問主さんと同じようにあそこや乳首の黒ずみが気になっている、という悩みを話してくれた彼女のいる男です。

男性視点で言うと、乳首やあそこに黒ずみがあるよりもやっぱりピンク色のほうが好みという男性は多いです。処女が好きとかそういうわけではないのですが、乳首やあそこに黒ずみがあると、「遊んでるのかなぁ?」「体の関係だけでもいっか」などと、例えそれが事実ではなくてもそうやって思ってしまう生き物なんです。。。

参考サイト:Yahoo!知恵袋

乳首が黒いだけで罪なの?ってスレがよく立ち上がっているけど、乳首は黒いってだけで罪レベル。性欲と比例して黒くなっていくらしいよ。乳首が黒いのは罪!あちらの方も黒いんだろうなって勝手に想像してがっかりする。

参考サイト:2ちゃんねる

口コミをいくつかあげてみました。見てもらうとわかると思いますが、男性も頭では「乳首の黒ずみは仕方がないこと」だとわかっている人もいます。ですが、本能で「あっ、乳首が黒い・・がっかり。。」となってしまうそうです。。これにはショックでした。本能には逆らえないものなので仕方ないと思いますが、やっぱり乳首の黒ずみはキレイなピンク色にしたいですよね!

乳首に黒ずみができてしまう原因って?

そもそも、どうして乳首に黒ずみができてしまうのでしょう?個人差・体質はある程度あるものだとはわかっていても、他にも原因となっていることがあるかもしれないですよね。その原因を知っておくだけでも、普段から意識しやすくなります。あなたは、思い当たることはありそうですか?

メラニン色素の量が日本人は多い

日本人は、生まれつき持っているメラニン色素の量が多いので乳首が「茶色」「黒色」の人が多いです。アメリカ人などのように金髪だったり色の薄い人種の人たちは、もっているメラニン色素の量が少ないので乳首の色も「ピンク色」「ベージュ」などの人も多いです。

そして、乳首という部位はメラニン色素がひんぱんにつくられる部位で、ターンオーバー(お肌が生まれ変わるサイクル)も体の他の部位に比べて遅いので、メラニン色素がたまりやすく、黒ずみしやすい部位だといえます。

分かりやすくまとめるとこんな感じです。

  • 日本人というだけでそもそも乳首の色が濃い人が多い
  • 乳首はメラニン色素がたくさん作られる
  • つまり、乳首はただでさえ黒ずみができやすい場所

乳首の黒ずみをさらに悪化させてしまう原因・習慣

日本人であること以外にも、乳首の黒ずみが出来てしまったり悪化させてしまう原因や習慣がありますのでまとめておきますね。

 原因  理由  習慣
 摩擦(まさつ)・刺激  乳首はデリケートな部位で皮ふが薄く、少しの刺激でもメラニンが作られます。 ブラのサイズが合っていない、乳首を強く洗いすぎ
 ターンオーバーの乱れ  年齢が上がったり、不規則な生活や不摂生を続けていると、ターンオーバーの周期やメラニンを体が排出するのが遅くなり黒ずみの原因になります。 加齢、食生活、睡眠不足、ストレス
 女性ホルモンが増える 女性ホルモンが増えると乳首だけでなく体全体の肌が敏感になるため、その肌を守るためにメラニン色素がたくさん作られるようになります。 生理、妊娠、出産、授乳
 アトピー・かゆみ  乾燥するとかぶれたり、かゆくなるので黒ずみが増えます。保湿することが大事です。 アトピー性皮膚炎、ヌーブラによるムレ

乳首の黒ずみを効果的にケアする5つの方法

乳首の黒ずみをケアする方法って、どんな方法があるのでしょうか?自宅でできるセルフケアも含め、色んな方法があるのでご紹介しますね。

ヨーグルトのホエーパック

ホエー(orホエイ)とは、ヨーグルトの上にたまっている上澄み部分の水のことです。大きいパックのヨーグルトとかを買うとよく見かけると思います。この残したいなーと思う部分の水です。このホエーは、メラニン色素が作られるのをおさえてくれる働きがあります。

ホエーは、Amazonなどの通販で買うのもありですが、少しお高くつくということもありますし、まずは手軽に試してみるということであれば、ヨーグルトを買ってきて自宅で作ることもできます。

自宅でつくるホエーの作り方

  1. ボウルにザルを重ね、キッチンペーパーを敷く
  2. キッチンペーパーの上からヨーグルトを流し入れ、ラップをかける
  3. 冷蔵庫で一晩寝かせる

ヨーグルトから簡単に手に入って、手軽に試すことができるので、セルフケアとしては良いですね。

ホエーパックのデメリット

  • ヨーグルトからホエーをつくるまでに少し時間がかかる
  • 乳首への刺激でかゆくなる場合がある
  • ホエーを買うと結局少しお金がかかる
  • 効果がでるまで1年以上と時間がかかる

ホエーパックのメリット

  • 自宅でつくれるので費用が安い
  • ヨーグルトはどこにでも売っているので手に入りやすい
  • 肌に合わなければ気軽にやめられる

石鹸・泡パック

乳首の黒ずみ専用として作られた石鹸を使う泡パックという方法があります。持っている石鹸を使うというものではなく、乳首の黒ずみを対策するものとして作られていますのでふつうのボディソープとも違います。

この泡パックは、ターンオーバーを正常に戻してくれる働きがあり、メラニン色素そのものを減らしてくれる役割もしてくれます。

泡パックの使い方

  1. 専用の石鹸をよく泡立てる
  2. 乳首に泡をのせる
  3. 2~3分そのままで待つ
  4. ぬるま湯で洗い流す

すべての石けんで同じではありませんが、上記のように泡パックをおすすめしている商品が多いです。毎日お風呂に入るタイミングで使えるところが良いですね。さらに、石鹸という特性もあり、ニオイに対しても一緒に対策ができるところも良いですね。

石鹸・泡パックのデメリット

  • お風呂で体を洗う時に2~3分時間を置かないといけない
  • 黒ずみの効果が出るまでには3ヶ月以上かかる

石鹸・泡パックのメリット

  • 体のニオイも一緒に対策できる
  • お風呂場でできるケアなので人にも見られず気軽

黒ずみ専用クリーム

乳首やデリケートゾーンの黒ずみ専用に作られたクリームがあります。黒ずみ用のクリームは、乳首へのうるおいも与えてくれて、ターンオーバーの乱れを整えてくれて、メラニン色素を減らしてくれるので最も手軽な方法だといえます。

黒ずみクリームの使い方

  1. 適量を手にとる
  2. 乳首につける
  3. やさしくのばす

ほとんどの商品が朝晩の1日2回の使用をおすすめしています。クリームを塗るだけなのでとても手軽に使えるところが良いですね。

黒ずみ専用クリームのデメリット

  • 即効性はなく効果がでるまでに1ヶ月以上はかかる
  • 継続して使わないと元に戻ってしまう場合がある

黒ずみ専用クリームのメリット

  • 自宅でクリームを塗るだけなので手軽に使える
  • 1ヶ月くらいで効果が出始める人が多い
  • 肌への刺激が少ない商品が多い
  • ターンオーバーの改善もしてくれる
  • 効果が出なかったら全額返金してくれる商品が多い

クリニック処方クリーム

乳首の黒ずみがとても深刻で、早く黒ずみを解消したい!という人はクリニックでもらえる塗り薬を処方してもらうこともできます。病院は、美容皮膚科、美容クリニックなどでこの塗り薬をもらうことができます。主に下記の塗り薬を出されることが多いです。

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • ビタミンC誘導体

上記の塗り薬は、多少の刺激はありますが市販や通販で売られているような美白クリームの60~100倍ほどの効果があるといわれているクリームです。そして、ハイドロキノンとトレチノインはセットにして一緒に使うことをすすめられます。

ハイドロキノン・トレチノインの使い方

  1. 綿棒・ワセリンを準備する
  2. 乳首以外の場所にクリームがついてしまわないように乳輪の外側にワセリンを塗る
  3. トレチノインを乳輪の内側に綿棒でうすく塗る
  4. ハイドロキノンを乳首全体に塗る

ハイドロキノン、トレチノインは医師に指導してもらうと思いますが、基本的には1日朝晩の2回使うことをすすめられます。刺激が強かったり、保険適用外のため費用が上がる、使い方の注意点が多かったりと、少しリスクは高まりますが、医師の指導のもと正しく使えば効果はある方法だといえます。

クリニック処方クリームのデメリット

  • 保険がきかないので費用が高い
  • ベテランのお医者さんでも取扱いが難しい
  • 肌への刺激が強くかゆみ、皮がむける、赤みが出やすい
  • ワセリンや綿棒など、準備するものが多い
  • 保管方法は冷蔵庫のみ
  • 使用期限が1ヶ月と短い

クリニック処方クリームのメリット

  • 2~3ヶ月続けることで効果が出やすい
  • 市販の美白クリームの数十倍も効果が出やすい

レーザー治療

レーザー治療は、メラニン色素そのものをレーザーを当てて壊す治療なので、乳首の黒ずみを解消する方法としては一番効果が高い方法だと言えます。レーザー治療は美容クリニック・美容皮膚科などで行われていることが多いので、見つけるのも簡単で、最近進化したピコレーザーというレーザーだと、その効果も確実です。

ただし、やはり病気やケガの治療ではないので「保険適用外」になるため、費用はクリニック処方クリームよりもさらに高額になります。

レーザー治療の施術の流れ

  1. カウンセリング
  2. 乳首にレーザーを当てる

カウンセリングは事前に行われることが多いですが、実際に治療がはじまってしまうとその治療にかかる所要時間は5分程度とあっという間です。痛みは感覚としては輪ゴムでパチンとはじかれるような感覚です。体質によっては、追加オプションで麻酔クリームを塗ったり、痛み止めを飲むこともできます。

レーザー治療が行われた1~2週間後には毎回ボロボロと日焼けをした後のように皮がむけてメラニン色素がうすくなっていくので効果を感じやすく、確実性があるので、根本的にきちんと早く治したいという方にはおすすめです。

レーザー治療のデメリット

  • 費用が1回につき1~2万円程度と高額
  • 2~3ヶ月は継続しないといけない
  • クリニックに通院しないといけない

レーザー治療のメリット

  • 確実に黒ずみを減らしていくことができる
  • 1回の施術時間は5分程度と短い
  • 2~3ヶ月通うことで確実に効果が出る
  • 痛みは輪ゴムではじかれるような少ない痛み

その他簡単にできるセルフケア

  • 栄養バランス、リズムが整った食事や食生活
  • はちみつパック
  • サイズの合ったブラ・下着をちゃんとつける
  • ブラ・下着はコットンやシルク素材を選ぶ
  • 睡眠をしっかりとる
  • 手持ちの美白化粧品を使って保湿する
  • ストレスをためない

乳首黒ずみの色んなケアの効果・費用・期待度などの比較

 ケアの種類  費用/月 効果までの期間目安 刺激・費用のリスク 期待度
ヨーグルトホエーパック  500円  1年以上    ★★☆☆☆
 石鹸・泡パック  3,500円  3ヶ月    ★★★★☆
 黒ずみ専用クリーム  6,000円  1ヶ月    ★★★★★
クリニック処方クリーム  15,000円  2~3ヶ月    ★★☆☆☆
レーザー治療  40,000円  1ヶ月   ★★★★☆

上記であげた乳首の黒ずみ対策としてできる色んなケア方法を1つの表にして比較してみました。

自宅でできるセルフケアのホエーパック、石鹸泡パック、黒ずみ用クリーム、クリニック処方クリーム、レーザー治療を比較してみたところ、一番「効果がちゃんとありそう」「効果までの期間が早そう」「お値段が手ごろ」「刺激や費用のリスクが少ない」「メリット・デメリット」という点も含めて総合的に見てみると「黒ずみ専用クリーム」が一番期待度が高いということが分かりました!

乳首専用の黒ずみクリームの選び方

乳首の黒ずみには専用のクリームが良いことがわかりましたが、どのようなクリームが良いのでしょう?ここでは、通販・市販などの乳首黒ずみクリームを総合して見たときにどの基準が大事か?ということをよく調べた上で下記9つの選定基準をあげてみました。

 選定基準の項目  理由
1、安心できる成分  乳首というデリケートな部位に使用するクリームなので成分が良いもの
2、肌にやさしい デリケートな部位に塗る時に「かゆみ」「赤み」「腫れ」が起こらないような刺激の少ないもの
3、ニオイがほぼない  ニオイがきついと使い続けるのが難しくなるので、無臭かほぼ無臭のもの
4、使用感が良い  使用する時に使いやすいか、乳首に塗りやすいか
5、値段がお手ごろ  高額ではなく、かつ安すぎないもの
6、乳首黒ずみへの効果がある  乳首の黒ずみそのものに効果があるもの
7、黒ずみクリームだとまわりにバレないボトル  旅行先などに持っていったり、自宅に置いておいてもふつうの化粧品のようなデザインであること
8、全額返金保証制度がある  効果がなかった、肌に合わなかった時に全額返金してもらえること
9、口コミ・レビューがある  乳首の黒ずみで悩む女性の口コミやレビューがあり効果が出ているもの

上記9つもの厳しい選定基準をもうけ、その基準に見合う乳首黒ずみクリームを探したところ、3つの商品に絞ることができましたので、ご紹介しますね!

黒ずみ教科書の乳首黒ずみクリームのランキング

ホワイトラグジュアリープレミアム
  1. 成分にこだわっており、刺激が少なく敏感肌でも使える
  2. 乾燥した肌にもうるおいを与えてくれる
  3. 効果があったという女性の口コミが多い
評価:
 
 

 

HAKUBI(ハクビ)
  1. 1ヶ月くらいで効果が出始める人の口コミが多い
  2. 定期コースだとずーっと33%割引きになる
  3. 初回は実質無料でもらえる
評価:

 

ホスピピュア
【画像】
  1. パラベン・アルコール・香料などの刺激成分が配合されていないので敏感肌さんも安心
  2. 湘南美容外科が監修している
  3. 保湿性が高くお肌にうるおいを与えて保護してくれる
評価:

上記ランキングに当選した3つの乳首黒ずみクリームは、成分、肌へのやさしさ、使用感、値段、口コミ、全額返金保証制度、商品のサポートなど、どの項目をとっても素晴らしい商品で順位をつけるのにとても迷いました。順番をつけるのがとても難しいほど、どれもとても良い商品です。

3つの商品を実際に体験した体験レビューは、それぞれ「詳細ページはこちら」ボタンからジャンプして見られるようにしていますので、そちらを見ていっていただければと思います。

乳首黒ずみクリーム3つの商品の比較詳細

ただランキングにしただけではその順位の根拠があいまいなので、上記でもあげた乳首黒ずみクリームの選び方基準を元に、どういう評価で採点したか分かりやすく表にまとめました。

ホワイトラグジュアリープレミアム HAKUBI(ハクビ) ホスピピュア
1.安心できる成分
2.肌にやさしい
3.ニオイがほぼない
4.使用感が良い
5.値段がお手ごろ    
6.乳首黒ずみに効果がある    
7.まわりにバレないボトル    
8.全額返金保証制度がある    
9.口コミ・レビューがある    
総合評価

上記の比較表を見ていただくとわかるように、どの選定項目においてもほぼわずかな差!ということがお分かりいただけるかと思います。そんな9つもある選定基準をどれもほとんど高評価でクリアしたのが「ホワイトラグジュアリープレミアム」でした。

ホワイトラグジュアリープレミアムは、成分も余計な刺激成分が使われていないので敏感肌さんにやさしかったり、実際に使ってみても使用感もよく、ちゃんと数ヶ月にわたってレビューしたところ効果もあり、ボトルデザインもシンプルでオシャレ、返金保証もきちんとしてもらえて、効果があった!という口コミもとても多いです。総合的に見てホワイトラグジュアリープレミアムが堂々の1位になりました!

>>ホワイトラグジュアリープレミアムの体験レビューはコチラ

>>ホワイトラグジュアリープレミアムの公式ページはコチラ

まとめ

乳首の黒ずみに効果がある色んな方法のメリット・デメリット、その効果や費用などをお伝えしてきました。黒ずみ教科書では、効果があって、期間が短く、それでいてお値段が手ごろ、刺激・リスクが少ないという点から「黒ずみクリーム」という方法をオススメしましたが、もちろんどのケア方法を選んでも間違いではありません。何よりも、あなたがやりやすそう!と思うものから始めてみることが一番大事です。

乳首の黒ずみは、友人や家族にも相談しづらいことなのでひとりで抱えてしまいがちですが、乳首の黒ずみで悩んでいる女性は日本にはほんとうにたくさんいます!私もそうでしたし、口コミを読んでいると年齢関係なくたくさんいるのが事実です。そして、ちゃんと治している人もたくさんいます!

だから、日常生活の習慣なども見直して、できることから、あなたに一番合った黒ずみケア方法で試していくと良いと思います♪諦めないでくださいね。応援しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です