最速で治したい!陰部の黒ずみの原因と3つの改善方法を徹底解説!

この記事では、陰部の黒ずみの原因と改善方法について詳しく解説していきたいと思います。

「脱毛サロンに通っていたら、いつの間にか陰部の黒ずみが目立つようになってきた」
「外回りの営業の仕事をしていたら、他の部位よりも陰部の肌のトーンの暗さが目立つようになってきた」

みたいな悩みをお持ちの方が、この記事を読まれている方には結構いらっしゃるのではないでしょうか?

実は、私自身がまったくもってそんな状況だったのです。

なんだか皮膚の他の部分よりも陰部の黒ずみ度合いがひどくて、原因がよくわからず、いろいろ調べて、検討して、試して見た結果をまとめたのが、この陰部の黒ずみの原因と3つの改善方法をまとめた記事です。

陰部が黒ずむ大元の原因はメラニン色素の沈着です。

そして、陰部が黒ずみを改善する方法は、病院を使った方法と黒ずみ対策クリーム・ジェルを使った方法、食事や栄養に気をつける方法の3つがあるのですが、それぞれメリットやデメリットがあります。

この記事を読んでいただければ、自分に合った方法をきっと見つけていただけると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

陰部の黒ずみの原因はメラニン色素!メラニン色素が陰部に沈着する4つの原因とは?


陰部が黒ずんでしまう要因ですが、原理としては日焼けと同じです。肌が刺激を受けることでメラニン色素が生成され、それが肌を黒くしてしまうのです。

ただ、陰部と、腕や背中などの他の部位の皮膚では、大きく異なる点が一つあります。

それは、陰部は別名デリケートゾーンとも言われるほど、肌が刺激に対して敏感にできているということです。なので、陰部は他の皮膚と比べて、メラニン色素が生成されやすく、特に黒ずみやすい部位なのです。

では、具体的にどのようなことが原因で、陰部にメラニン色素が沈着してしまうのかというと、大きく4つあります。

  • カミソリ、脱毛、ゴシゴシ洗い、衣服や下着の擦れ
  • 紫外線などのダメージ
  • 肌の乾燥による肌の機能低下
  • 不規則な生活やホルモンバランスの乱れ、年齢によるターンオーバーの乱れ

最初の「カミソリ、脱毛、ゴシゴシ洗い、衣服や下着の擦れ」は、陰部の黒ずみの原因として一番多いものです。特にVIO周りの毛の処理で、陰部に刺激を与えてしまっている方は多いです。

私自身も脱毛サロンに通っているうちに、陰部の黒ずみが目立つようになってきたのですが、まさに、刺激によってメラニン色素が生成されて黒くなった例と言えます。

紫外線などのダメージ」については、いわゆる日焼けによる黒ずみです。日焼け止めを塗らないことで、紫外線が陰部に届いてしまうことで黒ずんでしまうというわけです。

3番目の「肌の乾燥による肌の機能低下」は、特に乾燥肌の方に多い黒ずみの要因です。なぜ肌が乾燥すると黒ずみに至ってしまうのかというと、肌の抵抗力が弱まるからです。

これは、冬の乾燥した季節に、手がカサカサになってあかぎれになったりする人はイメージがしやすいと思います。肌の乾燥は、ちょっとした刺激でもダメージに繋がり、メラニン生成を促してしまうのです。

最後の「不規則な生活やホルモンバランスの乱れ、年齢によるターンオーバーの乱れ」は、生活リズムや年齢が原因で肌の抵抗力が弱まってしまうケースです。この場合も乾燥肌と同様、刺激によるダメージを受けやすくなり、メラニン生成に繋がってしまいます。

陰部の黒ずみを最速で治すには?黒ずみの改善方法3つとメリット・デメリットのまとめ

では、黒ずんでしまった陰部を改善するにはどうすればよいのかというと、大きく3つの方法があります。

病院で黒ずみを改善する方法、陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使う方法、食事や栄養などで改善をする方法の3つです。順に見ていきましょう。

方法1:病院で陰部の黒ずみを改善する方法は1~3ヶ月程度で良くなるが、保険適用外の高額費用がネック


陰部の黒ずみを最速で治したい場合は、病院で治すのがおすすめです。

病院で陰部の黒ずみを治す場合は、レーザーを陰部に当ててメラニンを減らし、さらにハイドロキノンという漂白剤の一種を用いて、メラニン生成を抑えていくという、レーザー+ハイドロキノンを使った治療が主流です。

この方法を使うと、1回目の治療の後の1週間前後で効果を実感できる方もいますし、大体5回から10回程度で陰部の黒ずみを十分に取ることができますから、1~3ヶ月前後で黒ずみを治すことが可能です。

一方、ネックとなるのが費用です。陰部の黒ずみを改善するために病院を使う場合、健康保険の適用外になりますから、自由診療として費用を全額自己負担することになります。

自由診療ですから、病院によって費用はバラバラなのですが、1回あたりの費用が1万円~2万円前後で、通う回数が5回~10回程度なので、費用の総額としては5万円~20万円程度、平均すると10万円前後は掛かると見ておいたほうがよいでしょう。

また、お医者さんに陰部を見せることになるので、その点に抵抗がある方は、敷居の高い方法とも言えるでしょう。

病院で陰部の黒ずみを改善する方法のメリット

  • 1~3ヶ月程度と最速で陰部の黒ずみを改善できる
  • 医療行為として強力な機材や薬剤を用いることができるので黒ずみ改善の確実性が高い

病院で陰部の黒ずみを改善する方法のデメリット

  • 保険適用外の自由診療になるので費用が10万円前後と高額
  • 人に陰部を見せることになるので心理的な抵抗感が大きい
  • 病院に何回も通わなければならないので手間がかかり面倒

方法2:陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使った方法は3~6ヶ月程度で月5000円前後で実施可能


陰部の黒ずみの改善については、自宅で行う方法もあります。それが、この陰部の黒ずみ対策クリームやジェルを使った方法です。

この方法は、陰部の肌を保湿して肌の抵抗力を高めつつ、肌の細胞が入れ替わるターンオーバーを促進して肌の黒ずみを改善していく方法です。

病院のレーザートーニングのように、1週間でも効果が出る、みたいなケースはなかなかないのですが、人気のある陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使うと、早いと1ヶ月前後で黒ずみがよくなったことに気付き、平均でも3ヶ月前後で黒ずみがかなり改善されるケースが多いです。

ちなみに私はこの方法を使ってイビサクリームという黒ずみ対策クリームを使ったところ、1ヶ月位で変化があって、3ヶ月使ったらかなり綺麗になりました。

費用は1ヶ月あたり5000円前後のものが多いです。なので、3ヶ月使っても15000円前後、というのが費用相場です。

イビサクリームもそうですが、人気の陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルの多くは、厚生労働省に認可されている医薬部外品であることが多いです。ですから、しっかり効果があることが認められているものになっています。

比較的費用が手頃で、そこそこの期間で陰部の黒ずみの改善が期待できる、というのが陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルのメリットですが、もう一つメリットがあって、人に見られることなく、自宅で処理ができるという手軽さもいいです。

例えばイビサクリームの例だと、冒頭の画像のように、化粧品のようなおしゃれな容器になっていて、陰部の対策をしているとは人に気付かれないですし、配達の際にも他人にわからないように配慮がされているので、よかったです。

陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使った方法のメリット

  • 陰部の黒ずみ改善に掛かる期間が平均3ヶ月程度とそこそこ早い
  • 掛かる費用も3ヶ月15000円前後と病院よりも安い
  • 厚生労働省に認められた医薬部外品なので効果の信頼性がある
  • 自宅で処理ができるので病院等他の場所に通う手間が発生しない
  • パッケージもかわいいものが多く、人にバレずに処理ができる

陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使った方法のデメリット

  • 病院で処理をするよりも黒ずみを改善するのに期間が掛かる
  • 黒ずみの改善に掛かる期間に個人差があるので3ヶ月以上掛かることもある

方法3:食事や栄養などで陰部の黒ずみの改善を試みる方法は、費用は安いが効果が見えにくいのがネック


陰部の黒ずみを改善するもう一つの方法は、食事や栄養に気を配って、ホルモンバランスを整える方法です。

具体的には、大豆やバナナ、ナッツ類などを積極的に食べて、イソフラボン、ビタミンB6、マグネシウム、カルシウム、ビタミンEなどの栄養を摂取し、体の新陳代謝を促すというものです。

私自身、最初にやった方法が、この食事療法でした。費用を掛けずに、日常生活の中でできる、というのはとてもよいところだと思います。

ただ、取り組んでも、効いてるのか効いてないのかがよくわからない状態がずっと続く、というのがなかなか難しいところかなと思います。

結局、1~2ヶ月である程度の効果が実感できないと、長期で続けるモチベーションを保つことができないのです。

その他、食事療法以外にも、肌への刺激が少ないシルクの下着を付けるとか、黒ずみに良いと言われるジャムウと呼ばれるインドネシアのハーブを使ったジャムウソープも使ってみたりしたのですが、効果はもしかしたらあるのかもしれないけれども、単体では実感ができない、というものが多かったです。

食事や栄養などで陰部の黒ずみの改善を試みる方法のメリット

  • 日常生活の延長でできるのでお金が掛からない
  • 人に知られずにできるので恥ずかしい思いをしないで済む

食事や栄養などで陰部の黒ずみの改善を試みる方法のデメリット

  • 効果が見えにくいので長く続けるモチベーションを保ちづらい
  • 効果が出たとしても数ヶ月以上の長い期間が掛かる
  • 病院でも医薬品でもないので、効果に対する信頼性が低い

陰部の黒ずみの改善方法は黒ずみ対策クリーム・ジェルが一番おすすめな理由とは?


陰部の黒ずみの改善方法として、病院のレーザーとハイドロキノンを使った方法、陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使った方法、食事療法を使った方法の3つをご紹介しましたが、この中で一番おすすめなのは、陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使った方法です。

その理由は、値段と効果のバランスがいいことが挙げられます。

どんなにお金が掛かってもいいから最速で治したい場合は病院一択になるのですが、陰部の黒ずみを治すために10万掛けるのはさすがにきついなと私は感じました。

また、陰部を医者に見せなければならないところにも抵抗がありました。やっぱりこういうのはこっそりやりたかったので…。

食事療法は私が最初にやった方法なのですが、効果がなかなか実感できないというのがあって、モチベーションが続かないのがネックでした。

黒ずみ対策クリーム・ジェルに関しては、1ヶ月5000円前後のものが多くて、病院と比べると費用は手頃ですし、私が使ったイビサクリームに関しては、1ヶ月位で変化は感じたので、「あっ、このまま続ければ良くなるかも!」という見通しが見えたのは大きかったですね。

結局3ヶ月使ったらかなり改善しましたし。他のクリームやジェルを使った人も、3ヶ月使うとはっきり変化を感じた人が多かったです。

なので、第一選択肢として陰部の黒ずみ対策クリーム・ジェルを使って、併用して食事や栄養に気を付けたり、肌に刺激の少ない下着や服を身につけるようにしたり、といったことをやるのがベストなのかなと私は感じました。

イビサクリームは、私だけでなく、一緒にこのサイトを作っている他の女性メンバーからも、べたつかないのにしっとりすると高評価だったので、使ってみるといいと思いますよ。

>>イビサクリームの公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です