【最短で美白!】膝の黒ずみの3つの原因と2つのケア方法

膝の黒ずみが汚いくてなんとかしたい…と悩んでいる方も多いと思います。
当ページでは、そんなあなたの膝の黒ずみを消すために有効な2つの方法を紹介します。

【最短で美白】膝が黒ずむ3つの原因

いのですが、強い刺激を肌に与え続けると、メラニン色素が過剰に生成され、排出しきれなかったものが黒ずみになってしまいます。

これ以上膝の黒ずみを悪化させないためには、以下3つの膝への刺激を与えないこととが膝の美白に近づく近道です。

  1. 正座をしない、足を組まないことで膝の摩擦・圧力を避ける
  2. 日焼け止めクリームでしっかり紫外線対策
  3. 化粧水・クリームで乾燥を防ぎ保湿する

保湿では不十分!膝の黒ずみを消すための2つの最短ケア

膝の黒ずみを消す方法は

  1. 自宅で膝の黒ずみを消すセルフケア
  2. 皮膚科・病院で医者のアドバイスのもと治療をうける

上記2種類あります。どちらが自分に向いているのかを以下の「自宅で膝の黒ずみを消すセルフケア【Step6】」や「皮膚科・病院で医者のアドバイスのもと膝の黒ずみの治療をうける」の記事で検討してみて下さい。

自宅で膝の黒ずみを消すセルフケア【Step6】

Step1 Step2 Step3
皮脂や汚れなどを重曹マッサージで取り除く 膝の皮膚を入浴で柔らかくする 膝を刺激を与えないよう優しく洗う
Step4 Step5 Step6
ピーリングで古い角質層をポロポロとはがす ヨーグルト、化粧水を使って肌を柔らかくする 美白クリームで膝を保湿・保護する

Step1~Step6までは、自宅でできる黒ずみが悪化しないためのセルフケアです。一つづつ、具体的なケア方法を解説します。

【Step1】皮脂や汚れなどを重曹マッサージで取り除く

Step1 Step2 Step3
重曹をスプーン4杯ほど器に入れます お水を少し足してペースト状にします ペースト重曹を膝にぬります
Step4 Step5 Step6
膝を中心に、円を描くように優しくマッサージ シャワーで洗い流します 入浴後に、保湿クリームを塗ります

重曹は、温泉の成分や食品としても利用されているポピュラーで安全性の高い物質です。水で溶かせば、緩いアルカリ性なのでピーリング効果も少しは期待できるでしょう。

ただし、重曹は洗剤として「研磨力」が有名ですから、使い方によっては皮膚の摩擦につながり色素沈着を起こす可能性もあります。

「毛穴の汚れが落ちてツルツルになった」「角栓がポロポロ落ちた」とネットの口コミで目にしますが、重曹は、食用や洗剤用途として市販化されているわけで、スキンケア目的に作られているわけではありません。

コストパフォーマンスをよく角質が取れる」と思う気持ちもわかりますが、スキンケア用に作られた商品を使用するのが最も安全と言えます。

【Step2】膝の皮膚を入浴で柔らかくする


入浴には美肌やダイエットなどに関連する様々な効果がありますが、ターンオーバーを促進する効果もあります。

ターンオーバー(新陳代謝)は、血液の循環と密に関係しており、入浴によりカラダが温まると血行がよくなり、新陳代謝が良くなります。つまり肌の温度が上がり、皮膚が柔らかくなることで、古い角質が剝がれやすくなったり、肌細胞へ成分の浸透がしやすくなったりします。

【Step3】膝を優しく洗う

よく身体を洗う際に、「ナイロン素材のタオル・布」を使いごしごし洗う方も多いと思いますが、

肘・膝はもともと皮脂腺が少なく、乾燥しやすい・ダメージを受けやすいという特徴があり、過度な刺激を与えないよう優しく洗う必要があります。

優しく洗うというのは、ボディソープを泡立て、手で優しく洗うなど刺激を抑えて洗うようにしましょう。

【Step4】スクラブやレモンパックでピーリング!古い角質層をポロポロとはがす

古い角質を除去するには主にこの2種類の方法がオススメです。

スクラブやピーリング

Step1 Step2 Step3
膝が濡れた状態でスクラブをなじませる 膝を中心に円を描きながらマッサージ お湯で洗い流す

いきなりクリームやオイルをつける前に、ある程度お湯を肌に湿らせます。お湯に湿らせることで、膝の角質が柔らかなり、成分の浸透が早く美白効果UPに繋がります。基本的に、入浴時がスクラブでピーリングする最適なタイミングです。

頻度:週に1回
またスクラブを円を描くようにマッサージすると、血行がよくなり古い角質層をはがれやすくします。

レモンパックでピーリング

Step1 Step2 Step3
スライスしたレモンを膝に押し付ける そのまま5分~10分置く 蒸しタオルで拭き取ります

レモンには、緩いピーリング効果があります。ただし日光の紫外線を浴びるとシミができやすいとも言われいるため、レモンパックは入浴後などの夜がオススメ!

頻度:週に3〜4回

【Step5】ヨーグルトパックや柔軟化粧水を使って肌を柔らかくしよう

ヨーグルトパックで肌をやわらかく

Step1 Step2 Step3
ヨーグルトに小麦を同じ割合で混ぜる 入浴後、気になる黒ずみにつける 円を描きながらマッサージ(力はいれすぎず)

ヨーグルトには、ピーリング効果や肌になじませると代謝促進の効果があります。顔のくすみを取るために、ヨーグルトパックを利用するのは有名ですが、膝・肘の黒ずみにも美白効果を期待でます。

頻度:週に1〜2回

柔軟化粧水で肌をやわらかく

柔軟化粧水=化粧水のことですが、肌細胞に潤いをあたえることが目的です。潤いが高まると「肌のバリア機能が向上し」紫外線や刺激から黒ずみの悪化を予防してくれます。

頻度:毎日

【Step6】美白クリームで膝を保湿・保護する

効果 副作用 価格 満足度
ワセリン 皮膚の保湿・保護 接触性皮膚炎(かぶれ)、紫外線の吸収率が4倍あがる 300円~900円 ★☆☆☆☆
シアバター 皮膚の保湿を長時間キープ、ターンオーバーのサポート 確認なし 500円~3500円 ★☆☆☆☆
ハイドロキノンクリーム 肌の漂白、メラニン生成を抑制 肌の炎症や赤み、かゆみ、シミ・色素沈着の悪化、白斑 1000円~4000円 ★★☆☆☆
尿素 100g 肌を保湿、角質の柔軟効果 疼き 300円~400円 ★★★☆☆
美白クリーム 美白効果 なし 2980円~4980円 ★★★★☆

保湿・美白ケアには、以下2つの成分がオススメ

  • ハイドロキノン
  • トレチノイン・尿素:肌の新陳代謝を促進する

膝の黒ずみにオススメのケアクリーム【3社徹底比較!】

雑誌や口コミで人気の膝下の黒ずみ専用ケアオススメ商品を「コスパ」「特典・保証」「効果・口コミの期待値」で徹底比較しました。

ラスター シルキークイーン ロコシャイン
定期購入(税込) 5,130円 5,918円 3,758円
単品購入(税込) 7,344円 8,640円 8,532円
一日あたり 168円 197円 156円
定価からの割引率 30%OFF 32%OFF 27%OFF
定期購入継続の縛り期間 4ヶ月 3ヶ月 3ヶ月
定期購入でかかる総費用 20,264円 17,754円 14,126円
送料 0円 0円 0円
返金可能期間 商品到着日より30日以内 商品注文日より120以内 商品到着日より25日以内
効果期待度 ★★★★★ ★★☆☆☆ ★★★☆☆
口コミ満足度 ★★★★★ ★★★☆☆ ★★★☆☆
※効果期待度について:成分内容を徹底解析の元当サイトが独自で判断
※口コミ満足度について:当サイトライターが実際に試してみた結果とネット上の評判から判断

上記表からわかったのは「コスパ」が良いのはロコシャインでした。ただし安ければよいというものではなさそうで「効果・口コミの期待値」を見るとラスター(LusTer)に期待できます。

3社の定期購入でかかる総費用の平均は3ヵ月~4か月で約1.7万円、1ヵ月当たり4700円~5000円で、美白クリームで黒ずみを消すのに必要な平均コストとして考えることができます。

コスト面や効果・口コミ面でも好評な「ラスター(LusTer)」は当サイトでは一番オススメの膝の黒ずみケアクリームとなりました。

30日間の返金保証も付いているので、よりコストを抑えつつ試すことができるので、黒ずみでお悩みの型は「ラスター(LusTer)」を検討されてみてはいかがでしょうか。

皮膚科・病院で医者のアドバイスのもと膝の黒ずみの治療をうける

一般皮膚科 美容皮膚科 料金 効果
塗り薬 1600円~2000円(30日分) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
内服薬
イオン導入 約8000円~(薬剤により金額が変わる) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
ケミカルピーリング 約6500円~(1回) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
レーザートーニング 約15000円~30000円(1回) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年

上記表からわかるのは、やはり「コスト」がかかり、黒ずみの度合によっては治療自体も3ヵ月以上はかかります。皮膚科のデメリットは、病院に通う時間を作らないといけないので、忙しい方にも不向きです。

また、処方される薬には、副作用があり、使い方を間違えたり肌に合わなかったりすると、黒ずみの悪化につながる可能性もありますので、最終手段として皮膚科での治療は検討してもよいと思います。

詳しく知りたい方は「【費用、治療期間、副作用は?】膝の黒ずみを皮膚科で消す4つの方法」より詳細を確認下さい。自分にあっているのかの判断が必要です。

【まとめ】膝の黒ずみの3つの原因と2つのケア方法

いかがでしょうか?

膝の黒ずみには「自宅で膝の黒ずみを消すセルフケア」「皮膚科・病院で医者のアドバイスのもと治療をうける」2つの方法がありますが、
費用を抑えつつ、3ヵ月くらい時間をかけながら黒ずみをケアするには、ひざ下の黒ずみ専用クリーム「ラスター(LusTer)」を使ってみることをオススメします。

また、費用はあまり気せずに、最短で黒ずみを除去したい方は、ケミカルピーリングやレーザーなどの皮膚科での治療という選択もあります。

今の黒ずみの状態が薄いのか?濃いのか?にもよってケアを初めてから薄くなるまでに多少の個人差はあるので、ゆっくりと焦らずにケアしていくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です