【費用、治療期間、副作用は?】膝の黒ずみを皮膚科で消す5つの方法

膝の黒ずみを消そうとクリームなどでケアをしても、なかなか良くならずに悩んでいる方も多いと思います。当ページでは、膝の黒ずみを皮膚科で治療するときは、どんな黒ずみケアがあるのか?「施術内容」「費用」「治療期間」「副作用」などを徹底検証しました。

【まとめ】膝の黒ずみを皮膚科で治療する5つの治療方法

一口に皮膚科といっても、ほくろやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療を行う「一般皮膚科」と、シミやシワの治療を専門に行う「美容皮膚科」の2つのタイプがあります。

膝の黒ずみを治療すのにオススメなのは、施術のバリエーションが多い『美容皮膚科』です。

以下の表では、一般皮膚科と美容皮膚科で取り扱っている黒ずみ商品を「〇△」にて表記しております。

また施術に費用な「費用」「完治までにかかる目安期間」「副作用」も表でまとめました。ぜひ参考にして下さい。

一般皮膚科 美容皮膚科 費用 完治期間 副作用
1.塗り薬 1600円~2000円(30日分) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
★★☆☆☆
2.内服薬 ★★☆☆☆
3.イオン導入 約8000円~(薬剤により金額が変わる) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
★☆☆☆☆
4.ケミカルピーリング 約6500円~(1回) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
★★☆☆☆
5.レーザートーニング 約15000円~30000円(1回) 薄い場合
・1~3か月
濃い場合
・3か月~数年
★☆☆☆☆

1~2.一般・美容皮膚科で処方される黒ずみを解消させる塗り薬・内服薬一覧

薬剤 タイプ 主な商品 効能 副作用
ハイドロキノン クリーム ハイドロキノンクリーム メラニン合成酵素であるチロジネーゼを阻害し、メラニン色素を作る布良サイトに対して細胞毒性があります。つまり、黒ずみ・シミの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。 赤み・炎症、白斑
トレチノイン クリーム トレチノインクリーム 肌の角質を剥がしターンオーバーを正常化させる、皮脂の過剰分泌を抑える、肌細胞内のコラーゲンを増やすという3つの効果をもつ。「ハイドロキノン」と併用することで、効果が上がる。 赤みや炎症、黒ずみ・色素沈着の悪化
トラネキサム酸 内服薬 トランサミン メラニンの生成を抑えたり、・肌の炎症を抑制し、肌の状態を整える 食欲不振、胸やけ、嘔吐、眠気、発疹
ビタミンC誘導体 ローション、内服薬 ビタミンC誘導体5~10%ローション、シナール メラニンを除去、または脱色させ紫外線のダメージを軽減させる 乾燥・かゆみ、発疹
尿素Na ピーリング 尿素クリーム・ジェル 固まった角質を柔らかくし、保湿性に優れ、肌の乾燥を防ぐ 赤みや炎症
乳酸 ピーリング 乳酸ピーリング 角質を剥がし、肌を殺菌、きめ細やかな肌にする。保湿性に優れ、肌の乾燥を防ぐ効果がある。 赤みや炎症

内服薬の「トランサミン」や「シナール」は副作用の報告がほどないので、比較的安全性の高い薬として有名です。ハイドロキノン・トレチノインクリームなど漂白効果が高く、副作用がでやすい塗り薬のサポート役で処方されるケースが多いです。

上記塗り薬や内服薬は、「アトピー性皮膚炎」や「老人性色素袢」「角化症」などで用いられるのが一般的で、処方されるかは医師の判断に委ねられます。

膝の黒ずみは皮膚の疾患等に含まれませんので、美容目的となり、原則は保険適用外となりますので、事前に費用は事前に皮膚科への問い合わせが必要です。

3~4.イオン導入やケミカルピーリング

薬剤 注意事項
3.イオン導入 トラネキサム酸
ビタミンC誘導体
・例え微弱な電磁波とはいえ、電気を流しますので、妊娠中の方やペースメーカーなどの機械が体内にある方は、必ず医師に相談をしてください。
4.ケミカルピーリング ビタミンC誘導体
グリコール酸
サリチル酸
施術後に肌刺激の強い「ハイドロキノン」「トレチノイン 」が含まれるクリームの使用は、肌トラブルを引き起こす原因可能性あり
施術後には、皮膚の赤み、乾燥などがでても2~3日で収まるので、肌の保湿、紫外線対策には万全にする必要がある

5.短期間ですばやく膝の黒ずみを消せる「レーザートーニング」

薬剤 注意事項
5.レーザートーニング 機械を使った施術で、黒ずみに照射する 施術後には「皮膚が赤くなったり」「かゆみ」を伴う場合がありますが、1~2時間くらいで収まります。

皮膚科へ行く前に、事前に確認しておきたい5つの事項

  • 膝の黒ずみに対して施術が可能か
  • 膝の状態(皮膚が固いか、柔らかいかの状態を伝える)
  • 費用(保険外か)
  • 施術時間や効果が実感できる期間
  • 痛み

上記5つの項目を事前にお近くの皮膚科にお伺いする前に電話で事前確認しましょう。

【まとめ】皮膚科で膝の黒ずみを治療する

いかがだったでしょうか?

皮膚科や美容皮膚科などで治療を受けるメリットは、医師のアドバイスのもと自分の膝の黒ずみの状態を知り、最短で美白するためにプロと一緒に治療ができること。

もの事には良い面、悪い面があるように、悪い面は、治療費が高くついたり、副作用があることです。

これらのことを意識し「施術内容」「費用」「治療期間」「副作用」などと相談し、あなたの悩みに合った解決策の参考にして下さいねっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です